【アビスパ移籍情報】柳 貴博 選手 北海道コンサドーレ札幌より期限付き移籍加入のお知らせ

アビスパ福岡

こんにちは。

先日、北海道コンサドーレ札幌より、柳貴博選手の期限付き移籍での加入が決したというお知らせがありましたね。
柳選手はDFということで、さらに守備が強化されることを期待したいですね。

【プロフィール紹介】

アビスパ福岡公式HPより

柳 貴博(やなぎ たかひろ) 選手
■生年月日1997年8月5日
■身長/体重185cm/80kg
■出身地東京都
■ポジションDF
■背番号36番
■経歴FC東京U-15深川⇒FC東京U-18⇒FC東京 ⇒モンテディオ山形(期限付き移籍) ⇒ベガルタ仙台(期限付き移籍)⇒北海道コンサドーレ札幌


【柳選手コメント】

北海道コンサドーレ札幌から期限付き移籍で来ました柳貴博です。
まずはアビスパ福岡の掲げる目標に少しでも力になれればと思っています。
今シーズン、チームや自分にとっても最高な結果が得られるように頑張っていきたいと思いますので、応援の方宜しくお願い致します。

引用元:柳 貴博 選手 北海道コンサドーレ札幌より期限付き移籍加入のお知らせ | アビスパ福岡公式サイト | AVISPA FUKUOKA Official Website


スタイル

今季は札幌で3試合出場(全て途中出場)、昨季も25試合出場(24試合が途中出場)となっており、途中から出るのが多かったため、調べれませんでしたので2020年のベガルタ仙台に所属していた時の記録を参考にして見ようと思います。
その当時のメインポジションはRSBで場合によってはCBやLSBでも出来るといったところでしょうか。

SBの選手という認識からして、2020年の仙台に所属していた時の成績と昨年の湯澤との選手比較を見てみようと思います。

選手比較 2020年の柳貴博(仙台) vs 2021年の湯澤聖人(福岡) | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB (football-lab.jp)

やはり空中戦では湯澤よりポイントは高いですし、セットプレーでの攻撃にも期待できそうね。
クロスも悪いという感じではないですし、ビルドアップにも貢献できそうなので、どんどん前に出ていくというよりは状況を見て上がる事もあったり、という感じでしょうか?
というか、湯澤のクロスチャンス17って結構高いのね。サロモンソンの穴なんてないじゃんけ。。。

スタイルとしては、185cmあるので対人守備や空中戦の強さがあり、更にはクロスからチャンスメイクもできる攻守ともに優れたサイドバックの選手だと感じています。

ただ、札幌では3バックが基本戦術で柳の主戦場となるのは右ウイングバックかCBになるかと思いますが、どちらのポジションもほぼスタメンは固定されていて、その牙城を崩すのは難しかったようです。

アビスパ福岡からすると、開幕戦でゴールを決めた前嶋の怪我がおそらく長引くとみて、柳選手の獲得が決まったのかなと思っています。
いま右SBは湯澤一人という状況なので、良い補強かとは思います。
前嶋が復帰した際にはどうなるか変わりませんが、競争が激しくなり相乗効果が出てくれば嬉しいですね。

4月1日の九州ダービーでのアビスパデビューはあるのか!?
楽しみですね♪


ではまた!!

コメント