【マッチレポート】2022.02.26 J1リーグ 第2節ヴィッセル神戸VSアビスパ福岡

アビスパ福岡

ヴィッセル神戸 0-0 アビスパ福岡

Jリーグ開幕2戦目
お相手は今年ACLに出場する、スター軍団ヴィッセル神戸と。さらに神戸はホーム開幕戦と完全にホーム有利の中での一戦。

もはや勝利に等しいこの試合を振り返って行きたいと思います!


前節のレポートはこちら
https://fab-blog.com/avi_2022-02-19/

フォーメーション

両チームのスタメンはこちら

福岡は開幕戦から1名を交代【田邉 ⇒ 中村】

神戸も前節から3名を交代、なんといってもあのイニエスタがこの試合ではスタートから出場しとります!純粋にワクワク感。


ミッション1~縦パスを許すな~

神戸の軸は何といってもセンターライン。
槙野-サンペール-イニエスタ-大迫・武藤というJリーグ屈指のこの中央ライン。加えて酒井のサイドからの崩しもありますが、やはり脅威は中央。

神戸はイニエスタやサンペールからの縦へのパスがいかに通せるか。大迫や山口にPA付近で受けられると厄介なところ。
逆に福岡はこの縦パスをいかに通させないか、が守りの肝に。


神戸のビルドアップは左サイドバックの酒井が高いポジションをとり、右の山川はそこまで高くない位置にいます。
アビスパの2トップはボランチのサンペールへのコースを消しつつ2CBへプレス!

試合開始直後はこのプレスが効いていたようにみえました。良い位置でサンペールやイニエスタに渡すことを防げていました。

しかし、そこは神戸。10分過ぎあたりからサンペールが2CBの間に落ちてきてビルドアップの助太刀に。

これにより神戸は縦にパスを出すことが容易になり徐々に神戸が試合のペースを握りだす展開に。

ただ、福岡のミッションは縦に渡ってもそのあとを自由にさせないことなので、攻撃陣に渡ってもすぐに寄せて前を向かせないようにしていました。

神戸のチャンスを限定的にできたことは十分評価できるでしょう。

ミッション2~矛と盾?主将対決?イニエスタVS前~

神戸の攻撃の中心はやはりイニエスタ。

前述の通り、福岡は寄せを早くして神戸の攻撃陣を前に向かせないようにしていましたが、これを無効化するのがポストプレーの上手い大迫と、神戸のキャプテンのタスイニエことイニエスタ。

大迫に対しては枚数をかけて前後で圧をかけて、まただ大迫とコンビを組む武藤にもグローリや宮がしかりマークについていたので、危険水域に及ぶ回数はあまりなかったです。
(1度、武藤から大迫にビッグチャンスはありましたが・・・)

それよりもやはりイニエスタに時間とスペースを与えてしまうと、神戸の前線は一気に走り出すので、この神戸の中心を何とか制限したい福岡が対応するのは、絶対的奪取王のキャプテン前!

この二人のマッチアップが非常に見ごたえありましたね!
華麗に交わし奪われないイニエスタ、しぶとく食らいつく前。抜かれ奪いの応酬。たまんねーすね。

ミッション3~運を味方につけるべし~

手堅く守り抜く福岡でしたが、この日は運にも味方されていたようです。

大迫、武藤、佐々木に超決定機が訪れましたが、幸運にもゴールネットを揺らすには至りませんでした。

逆に福岡もクルークスとルキアンを筆頭にカウンターの切れ味鋭く攻め込みましたが、相手GK前川のナイスセーブ連発により得点にはなりませんでした。

両チームとも今季初勝利はお預けという結果で試合終了。


この試合のハイライト

【公式】神戸vs福岡の試合結果・データ(明治安田生命J1リーグ:2022年2月26日):Jリーグ.jp (jleague.jp)

コメント&雑感

監督・選手コメント

試合後の長谷部監督のコメント

上手な選手たちに翻弄されながら、うまく対応できた試合だった。ピンチもあったが、勝点3を取れそうなフィニッシュもあり、惜しかったのが一番にあります。修正してピンチを作らない、チャンスを決められるように、質のところだと思うが、選手と一緒にやっていきたい。

--この勝点1の価値をどう捉えている?
34試合のうちの勝点1だと思うが、アウェイの神戸さんに勝点1を取れたというのはうれしい反面、チャンスがあったぶん、その中でも勝ちにもっていけるチャンスもあったと思う。力は相手のほうが上だったと思うし、サッカーは上手、ボール扱いも上手だと思うが、勝負という意味では勝てそうな雰囲気もあったので、そこは惜しかったなと思っている。

--守備に関しても集中力高くやれていた。
まずまずの出来だったと思う。もう少しボールを持たれて外されるのかなと思っていたが、選手たちがよくやったと思う。

【公式】神戸vs福岡の試合結果・データ(明治安田生命J1リーグ:2022年2月26日):Jリーグ.jp (jleague.jp)

いや~、だいぶ悔しさを滲ませていますね。

1本でもシュートが入っていれば・・・・でからね。まぁ神戸も同じですけどね。


イニエスタと激戦を繰り広げたキャプテン前のコメント

--勝点1をどう捉えている?
結果的に勝点3を持ち帰りたかったですけど、きっ抗したゲームにできたのは良かったし、アウェイで神戸さん相手に勝点1を持って帰れるので良かったと思います。

--攻撃が多彩な相手だが、守備から攻撃でどういうところを意識していた?
誰がボールを持っていて、どの選手が間にのぞいているかを全員で確認しながら、状況に合わせてファースト(ディフェンス)を決めて連動していく守備というものは今日の試合でも見せられたと思うし、前回対戦とは違った良い守備ができていたんじゃないかと思う。

【公式】神戸vs福岡の試合結果・データ(明治安田生命J1リーグ:2022年2月26日):Jリーグ.jp (jleague.jp)



神戸の攻撃陣に対して最後まで崩されなかったDF宮のコメント

--危ないシーンはあったが、粘り強い福岡らしい守備ができた。
最後のゴール前のところはみんなでカバーし合いながら守れましたし、前線からのプレッシングも狙いどおりというか、そういう場面が多かったと思います。

--攻撃の質が高い神戸だったが、どの辺を意識していた?すごく神戸は良い選手がたくさんいるので、個人で負けないところとグループで負けないこと、引き分け以上にもっていくことを監督からはミーティングで試合前に言われていたので、そこを常に意識していました。

【公式】神戸vs福岡の試合結果・データ(明治安田生命J1リーグ:2022年2月26日):Jリーグ.jp (jleague.jp)

なるほど、監督からも引き分け以上って言われてたのね。
最低限クリアできたですな。

雑感

冒頭にも書いたように、アウェーでACLチームにスコアレスドローは、もはや勝ちに等しいといえるでしょう!!(勝ててない)

実際、昨シーズンの成績からみても順調にその差を縮めてこれている感じはあるので、次のホームでは勝ちますね。うん。



さて、ルヴァン杯を挟んで3節はコンサドーレ札幌をホームに迎えての試合。
ルヴァン杯も上手くターンオーバーしつつ良い結果を期待。

そしてなにより札幌に勝って今季初勝利を!!



ではまた、マッチレポートで♪

コメント