【マッチレポート】2022.02.19 J1リーグ 第1節アビスパ福岡VSジュビロ磐田

アビスパ福岡

ついに開幕しました、2022年 J1リーグ
開幕の相手はJ1昇格組のジュビロ磐田

当然ながら両チームとも勝ってシーズン序盤に弾みをつけたいところですが、アビスパとしては後味の悪い試合になってしまいました。

しかし、ポジティブな面もたくさんありましたので、今後に期待です!
早速、振り返ってみましょう!!


動画元:【公式】福岡vs磐田の試合結果・データ(明治安田生命J1リーグ:2022年2月19日):Jリーグ.jp (jleague.jp)



第1節 アビスパ福岡1-1ジュビロ磐田

フォーメーション

両チームのフォーメーションはこの通り

今季新加入のルキアンと前嶋が開幕スタメン。
ボランチに田邉、左CBには宮が入る。
奈良と中村はコンディションに問題あり?

対する磐田は遠藤ヤットさんがスタメンに名を連ねている。もはや尊敬以外のなにものでもないです。

今季のフォーメーションに関しての記事はこちら
https://fab-blog.com/avi-2022/


ルキアンと前嶋

アビスパのCFとしての最初のタスクはプレッシングといっても過言ではなく、フアンマもメンデスもジョンマリも皆このタスクを遂行していました。
この試合で山岸と2トップを担うルキアンは、その意味でも十分にプレッシングをしていましたし、奪われた後に奪取し返すシーンも何度も見られました。

また自陣まで戻っての守備も行い、そこからドリブルでボールを運ぶこともできていましたし、当然ゴール前では脅威になり続けていました。連携も全然悪いという感じでもなかったです。
ゴールこそ出ませんでしたが、初ゴールも時間の問題でしょう。


サロモンソンが抜けた右SBが不安視されていましたが、この試合の前嶋を見る限りでは攻撃面では十分補っていましたし、もしかするとサロモンソンよりも攻撃の幅が広がるかもしれません。


この試合ではクルークスがボールを持つと、その外側を前嶋が走り込みクルークスはカットインからのシュートや前嶋に出してのクロスという2人のコンビネーションが良かったように見えました。

結果的にこの前嶋の大外を行くことが、後半のゴールの布石となったのかもしれません。

ゴールシーン

アビスパの先制のシーンでは、前嶋が大外に走るという意識を相手に向けて、逆に内に入ってくるという前嶋の今後の強みとなりそうなシーンでした。

志知がDF2人を引き付け、田邉のパスはブロックされましたがそれを前嶋がダイレクトで金森に渡し、金森がタメを作ってくれた間に、前嶋が入ってきて折り返しをシュートという流れでした。


守り切れなかった1点

1-0で逃げ切りを図りたいアビスパは、こちらも新加入の熊本を投入し5バックにしましたが、撤退守備にすることで逆に磐田に攻撃する時間を与えすぎてしまった印象です。

失点シーンはクロスがジャーメインの足元に届き、上手く反転されて寄せきれずに決められてしまいました。ちょうど熊本の目の前でシュートを打たれたので、熊本としては苦いデビューになったかもしれません。

コメント集

長谷部監督のコメント

ゲームそのものは攻守にわたって非常に自分たちらしい場面が多かったんじゃないかなと思っています。得点こそ1得点でしたが2点取れても良かったなと思えるくらいにチャンスも作れていました。またゲームの最後に関しては、何度も成功している形(4バックから5バックへの移行)でもありますが、あえて後ろを5枚にしなくても良かったんじゃないか、ということも含めて、結果からいえば自分自身の決断、ミスしたなという思いです。もったいない勝点2を落とした、そんなふうに思っています。

--今日のドローを監督はどう捉えていますか?
自分たちが目指している勝点、順位が最後にどう収めるかという点で考えると、今日は勝点1を積めた、と前向きに捉えています。

--今季のテーマでもある攻撃面で、昨季とは違う形が随分と出せたのでは?
感じているのは、結果1得点しかできなかったので物足りないとは思っているのですが、見ている方にそんなふうに評価してもらえる、あるいは相手がイヤがっていたならば、自分たちが歩んでいる道は間違っていないというか、良い方向に行っているんじゃないかと思います。結果が大事だと思うので、シュートが得点につながらなかったところは一番大事。

--新戦力の前嶋 洋太選手が先制点を挙げました。
まず、彼はいなくなった選手(エミル サロモンソン)の穴埋めではないということ。彼の力をもってして今日、表現できたと思います。長所を存分に出して、アシストしたり、得点したり、そういうSBの選手なので、今日は本当に良かったと思います。個人の能力だけではなく、攻守にわたってチームになじんでいた、その中での役割をうまく果たしてくれていたので、周りはやりやすかったんじゃないかというふうに見ています。

引用元:【公式】福岡vs磐田の試合結果・データ(明治安田生命J1リーグ:2022年2月19日):Jリーグ.jp (jleague.jp)



加入後初試合で初スタメン、初ゴールとサポーターに十分すぎる挨拶となった前嶋のコメント

--先制点の場面を振り返ってください。
押し込んでいたのでセカンドボールを拾いに中に入っていって、最初に(自分が)金森(健志)選手に出したパスはよく通ったと思いますし、そこから折り返されたところでの自分のシュートのコースは甘かったと思いますが、この試合に懸ける気持ちは強かったので、気持ちで押し込んだゴールだったんじゃないかと思います。

--ゴールで自らのデビュー戦を飾る、というイメージを持っていましたか?
正直、考えていませんでした。僕はディフェンスの選手なので、まずは失点をゼロに抑えることと、あとは守備の強度が課題だと思っているので、そこを意識して試合に入っていましたから。

--守備面に関しての個人的な手ごたえは?
守備のところは毎日考えながらやってきましたし、ボランチやCB、サイドハーフの選手とはよくコミュニケーションをとらせてもらっているので、今日はそれが良い方向に出たのかなと思います。

--今日の試合結果と内容について。
チームとしては相手を押し込む時間がありましたし、ボールを持たれていても動かされているというよりかは自分たちが主導権を握って守備できたところが多く、チームとしてやりたいことができていたとは思う。ただサッカーは点を取ってゴールを守るスポーツなので、個人的にも反省しないといけないところがありますし、チームとしても今日の引き分けを良い経験にして次に生かしたいと思います。

引用元:【公式】福岡vs磐田の試合結果・データ(明治安田生命J1リーグ:2022年2月19日):Jリーグ.jp (jleague.jp)



雑感

開幕戦を勝利で納めることはできませんでしたが、新加入したルキアン、前嶋、田中、熊本と開幕戦でアビスパデビューさせることができたのはよかったですし、特に前嶋とルキアンは今後もスタメンで起用されそうですね。

右サイドの連携も良かったですし、左の金森がPA付近にどんどん入ってくるので、チームとしての得点力の増加に期待できます。

逃げ切りたいときの戦術が今日は上手くいきませんでしたので、今後の課題となりそうです。4バックでも十分堅固なアビスパなのでそのままで逃げ切れることもあるかもしれませんしね。

あとは、昨年以上に前キャプテンの守備に磨きがかかっているように見えましたね。
攻守で存在感を放つ主将が今季もアビスパをさらなる高みへ引っ張ってくれることでしょう。

次節はアウェーで神戸戦です。
その前にルヴァン杯のGSの湘南戦が水曜日にあります。

またリーグ戦のマッチレポート書きます。

ではまた!

コメント