2021.5.30 大分トリニータ 対 アビスパ福岡 ~仕切り直し~

アビスパ福岡
Amazon | マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック(TM) - Switch | ゲーム
マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック(TM) - Switchがゲームストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。オンラインコード版、ダウンロード版はご購入後すぐにご利用可能です。

Jリーグファン、アビスパ福岡ファンの方、こんにちは。

5月30日15時からJ1 第17節 大分トリニータ 対 アビスパ福岡の九州ダービーが行われました。



前節の横浜FC戦で連勝記録は途絶えましたアビスパ福岡。しかし負けなしは続いていますので、このダービーに勝ちまた勢いを増していってほしい所でしたが、残念ながら2-1で負けてしまいました。



気持ちはブルーですが、この試合について書いていこうと思います。




大分トリニータ VS アビスパ福岡





スタメンと選手交代はこちらになります。

福岡は前節の横浜FC戦から3人の変更がありました。

グローリ⇒宮
クルークス⇒金森
重廣⇒田邉
山岸⇒渡

FWの渡にとっては古巣戦になるので、いつも以上に燃えていたと思います!

~ここから時系列に沿って感じたことを書いていきます~


不安が拭えない試合の入り



アビスパ福岡はここ数試合、立ち上がりの動きが良くないのでこの試合の入りがどうなのか注目でしたが、やはり立ち上がりからホームの大分ペース。

1分 奈良が1-1を止める。ナイス!奈良の身体を張った守りは好きです。

7分 大分先制!

小出のパスに長沢がおとして町田へ。
町田には宮がついていて、前も見張ってましたが、町田が2人を振り切りクロス。
奈良がアクロバティッククリアー!!

これがこぼれて、香川か小林(どちらか分かりませんでした)の足元に。
そのままシュートもあり得たので、村上が飛び出します。

相手はシュートではなく右から中央へ来ていた長沢へパス。
ここにアビスパの選手は誰もいなくて、急いで宮と奈良が寄せますが、
2人の間を抜けてゴール。

このシーン、クロスまでの流れが綺麗に連動した動きになってましたね。
それと宮と奈良の最後の寄せの所が気になりました。二人ともスライディングして防ぎに行きましたが、どちらもゴールに対して垂直方向でした。

素人目線かつ結果論ですが、この場面ではゴールに対して横方向のスライディングの方が良かったのでは?って思ってしまいました。あの一瞬では難しい判断でしょうが、、、

プレイエリアに疑問?


またしても、前半に先制を許す展開になった福岡ですが、ブルーノ メンデスを中心に惜しいシュートもありました。(15分、44分、53分とか)

ただ、気になったのが極端に左偏重の攻め方だったかなと。


金森やサロモンソンになかなかボールが渡らない。左で溜めて、右にサイドチェンジしてクロス。という形が全然できなかったですね。

サロモンソンの位置も良い時よりも低い位置にいました。前や田邉らを変わらない高さにいました。
これは監督からの指示なのか、ボールが来ないから安全な所で貰う為わざと下がっていたのか、逆に出したい場所にサロモンソンがいなかったのか理由は分かりませんが、恐らく前半はあまりボールタッチも少なかったと思います。

前半の両チームのプレー割合図

参照:football-lab

こう見たら、いかに大分が一瞬で攻めて得点したのか分かりますね。アビスパの方がどちらかというと前の方でプレーできてますね。

アビスパ右サイドも僕が思うよりも濃くなってますね、あら。


追いつきたい後半

後半開始から、渡りに代わってファンマ投入。


一気に前線でボールを納められる場面が増えました。渡もメンデスもそれなりに収められる方だとは思いますが、ファンマはその点は一段上にいますね。

後半15分 一気に3人の交代を行います。
杉本→山岸
金森→クルークス
輪湖→湯沢


後半25分
追いつきたい福岡でしたが、大分のコーナーから失点されます。痛い。
コーナーキックがちょうど相手DFのトレヴィザンの足元に落ちてゴール。


まじかよー。


後半32分
アビスパは相手のハンドでPKを獲得します。
前回のファンマ、前々回のメンデスを2試合続けてPKを外しているアビスパ。

この試合のは誰が蹴るのか注目してましたが、なんとクルークス!!!!
ピチピチユニフォームがかっこいい、クルークス!

この試合負けない為にも、またPKの対して嫌なイメージを払拭したい所ですが、ここは冷静に決めてくれました!

クルークス!!


さて、こうなったらアビスパの勢いは増します。
ポゼッション60%くらい保ちながら攻めていきます。

が、決定機を作ることが出来ずに1-2で試合終了。


連続無敗記録もここで途絶えてしまいました。
ダービーでしたし、ここから切り替える為にも、結果を出したい試合でしたが、無念。




試合後のコメントなど

試合後の長谷部監督のコメント

[ 長谷部 茂利監督 ]
試合の入りのところで今日は十分に注意して入ったつもりです。もしくは自分たちが良い形を作って入っていこうとしたのですが、逆の展開になってしまいました。またそこを精査してもっと良いものができるように失点をしない、得点を取る、というふうに持っていけるようにもう1回、いろいろと考え直していきたいと思っています。また、セットプレーから失点してしまいましたが、自分たちが2失点してしまって、1得点しかできないということでは試合に勝つことは難しい。そういう意味では大分さんにやられてしまったなという印象です。

--試合の中で選手に焦りがあるように見えましたが?
少しここ何試合かは先制されて、追いついて後半に行くという形はあるのですが、先制されたときのメンタリティーが少し揺らいでいるのかな、という印象はあります。ただ、選手たちはそんなふうに言っていませんし、私も1失点したからどうだと言うわけではない。ただ、勝つためには2点を取らなくてはいけない。それが時間の経過とともに少し重くのしかかってくるのかな、というのは感じています。

--次のリーグ戦まで約3週間空きますが、どういうことに取り組みたいと思いますか?
攻守にわたって、もう少し自分たちがやろうとしていることをつかむことが大事だと思います。大きく変えるというよりは、自分たちがやろうとしていることをもう少しできるように、回数と質に尽きると思います。急に良くなることはあり得ないと思うので、また選手たち、コーチたちと一緒に少しでも高められるように取り組んでいきたいと思います。

引用元:Jリーグ公式サイト

この試合で気になったこと

僕が思うこの試合のポイントは、

試合の入り、序盤のプレーの在り方
これに関しては長谷部監督もコメントで言われてましたね。今季の課題?

サロモンソンの位置
先程も書きましたが、サロモンソンや金森にボールがあまり渡らなかった点。意図的なのか相手のWBとの兼ね合いなのか、たまたまなのか。
杉本や前、田邉がボール持って右サイドを見てはいたと思うので、もしかしたらパスしたかったけどカットされそうだから出せなかったとか?

だとしらた、サロモンソンのポジショニングの問題?

ファンマは前半から出せなったのかな?渡が古巣戦という点を考慮してなのか?

グローリと志知とマリ
この試合はRCBが宮でした。決して悪いという印象はなかったですし、ロングボールも結構通ってましたので、良かったと思います。ただグローリだったら先制のシーンももしかしたら?とか思って今います。
志知とジョンマリは怪我なのかな??

気になる点を挙げましたが正解は分かりません、詳しい方教えて下さい。

スタッツを見るとシュート数やゴール期待値はアビスパの方が上回っていました。
大分のゴールはこぼれ球に反応したのがありますので、その差かもしれませんが。

参照:football-lab

この試合の詳しい数字やスタッツ以下の2つのサイトから観れます。勉強になります。

football-lab

Jリーグ公式サイト

この試合のダイジェスト

引用元:Jリーグ公式サイト


この試合はほんと悔しい敗戦となりました。
しかし順位は未だ5位キープです。


下を向く必要ありませんし、次節の神戸戦まで時間がありますので、この負けを機に今一度切り替え直してもらいたいですね。

次の神戸戦楽しみです!






ではまた!



世界のお金持ちが実践するお金の増やし方 | 高橋ダン, 向山勇 | 投資 | Kindleストア | Amazon
Amazonで高橋ダン, 向山勇の世界のお金持ちが実践するお金の増やし方。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

コメント