【マッチレポート】最大の強みが崩れかけている?清水戦&広島戦

アビスパ福岡

リーグ再開後、まさかの2連敗。

それも2試合で6失点。。。リーグ最小失点の座も危うくなってきた。

備忘録的に。

FUKUOKA, JAPAN – JUNE 25: #16 Daiki WATARI of Avispa Fukuoka in action during the J.LEAGUE Meiji Yasuda J1 18th Sec. match between Avispa Fukuoka and Sanfrecce Hiroshima at BEST DENKI STADIUM on June 25, 2022 in Fukuoka, Japan. (Photo by J.LEAGUE/J.LEAGUE via Getty Images)

2022.06.18(土) 第17節 清水エスパルス戦 3-1●

スタメンはこちら

先制点は奈良のパスをインターセプトされてからのショートカウンター。
PA右深く攻められてマイナスのクロスに合わせられ失点。

ビルドアップのパスを奪われたのも問題ですし、最後中に入ってきた西澤のマークを中村が一瞬外してしまったり、志知が寄せきれなかったりと。


2点目は左サイドのアーリークロスからチアゴ・サンタナに頭で合わせられ失点。
クロスの時、2-1と数的不利な状況だったので、簡単にクロスを上げさせてしまいました。

この時、基本的にSB(志知)は中に入り、クロスを跳ね返す役に回るのがアビスパ福岡の守備の仕方なのですが、それであればボランチが1枚サイドに流れて対応すべきだったように見えます。

中は中で人はいたけどなー。

5枚いましたが、、、、、クロスが良かったですね。


反撃したいアビスパ福岡は後半、相手PA付近でこぼれたボールを山岸が決めて1点を返します。


しかし、その5分後、ロングボールの競り合いで振り切られ、村上も果敢に飛び出しますがループを決められ、3失点目。


今季初の3失点で引き分けを挟みリーグ戦3試合勝ちなし。


堅守が揺らぎだす瞬間。

【ハイライト】

【公式】清水vs福岡の試合結果・データ(明治安田生命J1リーグ:2022年6月18日):Jリーグ.jp (jleague.jp)



2022.06.25(土) 第18節 サンフレッチェ広島戦 ●1-3

スタメンはこちら

ホームのこの試合では久しぶりに3バックを採用。
サンフレッチェ広島も3バックなのでミラー対決の形に。

前半は失点こそしましたが、渡の今季リーグ戦初先発初ゴールで同点で折り返し。
比較的良い印象だったと思います。

失点シーンは前のロストから。疲労や調子もあるのか、このところあまり動きが良くない主将。
中村も同様ですが、中盤の厚みがここにきて問題になってきましたね。

またロストしたのは前ですが、周りの選手も受けやすいようにポジショニングを変える動きが無かったですね。

同点弾のアシストの志知のクロスが非常に良かったですね。
いつもならあのまま縦に走ってキツイ体勢からのクロスを上げていただろうところ、カットインして右足でのクロスとは。しかもなかなかの精度。これから期待できますね。

後半は選手交代もあり、より一層前からの圧を強めていったアビスパ福岡でしたが、それを逆手に取られてプレスを剥がされ、ロングボールでドウグラス・ヴィエイラに抜け出され勝ち越し点を許してしまいました。
さらに、クルークスがPA内で相手と接触し倒してPKを与え、これを決められ1-3でゲームセット。

【ハイライト】

【公式】福岡vs広島の試合結果・データ(明治安田生命J1リーグ:2022年6月25日):Jリーグ.jp (jleague.jp)




気付けば14位まで落ちてきています。
降格圏の清水との勝ち点はかずか2。



次節のFC東京戦は非常に大切になってきます。
前回は5-1と大勝できましたが次はどうなるか分かりません。

福岡の意地を見せてくれー!!



過去の記事はこちら
https://fab-blog.com/avi_2022-05-21/

https://fab-blog.com/avi_2022-05-14/



コメント