【マッチレポート】2022.04.29 J1リーグ 第10節 京都サンガF.C. VS アビスパ福岡

アビスパ福岡

ようやくリーグ戦でFW陣に得点が生まれました!
そしてアウェーで京都サンガに勝利!!

気持ちよくGWに突入できますね。


京都サンガF.C. 0-1 アビスパ福岡

今季J1に昇格し、勢いそのままで調子のよい京都サンガ。J2から昇格してきたチームが台風の目となっているなんて、なんだか昨年のアビスパを見ているようですね。
対する我々はルヴァン杯で勝利するもリーグ戦ではなかなか勝てていない状況。

とにかく、まずは得点を取ってもらわないとですね。

前節のレポートはこちら
https://fab-blog.com/avi_2022-4-17/

フォーメーション

両チームのスタメン及び交代選手はこちら。

前節からの交代は5名。
宮⇒グローリ
湯澤⇒前嶋
重廣⇒中村
田中⇒北島
ルキアン⇒山岸


となっております。

京都の要注意人物は現在得点ランキングトップのピーター・ウタカ。この選手をいかに止めるかがポイントになってきそうです。


歓喜はすぐに

両チームともダイナミックば攻撃が特徴的なのですが、京都の中心は上記でも書いた、ウタカです。彼はトップにずっといるのではなく、右サイドによったり、降りてきたりといろんな所に顔出します。
そこにはある程度グローリがついていき、ウタカにボールが渡っても自由に前を向かせないように対応できていました。

開始序盤は京都に攻め込まれていましたが、歓喜の時はすぐに訪れました。
クルークスのクロスから山岸が頭で合わせて今季初得点!!!!!!

アビスパ先制!

前嶋のランニングも良かったし、当然クルークスのクロスの精度、フアンマと山岸のタイミングも良くて見事に一撃が刺さりました。
そして、ようやくFW陣に得点が生まれました!!

実にリーグ戦5試合ぶりの得点。


悪コンディションだからこそ

先制された京都は早く同点に追いつきたい焦りと、雨の影響でピッチコンディションが悪くなっているのも相まって、パスのずれや小さなミスが出てきていました。
コンディションに関してはアビスパも同じですが、この状況をうまく利用しアビスパは普段以上に前からのプレスと、パスの受け手へのプレッシングをより一層強めていきました。

これにより特に後半は大きな決定機を作らせずに、序盤にとった1点を守り切り久しぶりのリーグ戦勝利を収めました!

【公式】京都vs福岡の試合結果・データ(明治安田生命J1リーグ:2022年4月29日):Jリーグ.jp (jleague.jp)

コメント

●長谷部監督のコメント

悪天候の中でしたが、ピッチは非常に良かったのでボールも転がりました。華麗なプレーは多くできませんでしたが、相手にもさせないようにしながら、自分たちらしい勝利だったと思います。シュート数が少なかったのが気がかりですが、勝点3を取れたことは非常に良かったです。

--よく似ているチーム同士の戦いだったが、勝因は?
京都さんはJ1の中でこれだけの成績を出している“ザ・アグレッシブ”なチーム。球際も非常に強いチームに対して、自分たちがこれまでやってきたことが結果につながりました。相手に勝っていたとは思いませんが、充分に戦えたんじゃないかと思います。

--自分たちの良さを取り戻せた試合だったのでは?
今日の登録18人だけではなく、福岡に残っている選手も含めて、ルヴァンカップで逆転勝ちした勢いのまま、自分たちのやるべきことをしっかりやり、トライしていました。勝つことが難しいリーグにおいて、試合後の選手やファン・サポーターの喜びを見ていると、勝つことは非常に大事だなと思いました。

--北島 祐二選手が今季初先発だったが。
練習から良かったし、ルヴァンカップでも結果を出しました。継続して、期待をして使いました。チームにアクセントをつけたし、攻撃でボールを受けて出したり運んだり、ポジションを取れる選手です。期待どおりの仕事をしてくれました。

【公式】京都vs福岡の試合結果・データ(明治安田生命J1リーグ:2022年4月29日):Jリーグ.jp (jleague.jp)

「“ザ・アグレッシブ”なチーム」に勝利したわれらは、キングオブアグレッシブズとでも言いましょうか?ガハハ。

それから北島が先発とは少々意外でしたが、直前のルヴァン杯でもよい動きだったようですし、長谷部監督のコメントからも成長が感じられる様子でしたね。

この試合も良いアクセントになっていました。今後も継続して起用されていくのか注目ですね♪



●今季初ゴールを決めた山岸のコメント

ジョルディ(クルークス)が良いボールをインスイングであげてくれるのはみんな分かっているし、あそこへ入っていくことは常に意識しています。その中で、フアンマ(デルガド)がニアでつぶれてくれたので、良い形でゴールを奪えました。

--リーグ戦の10試合目でFW陣に初得点が生まれたが。
けっこうポジティブ思考なので、ここからFW陣が得点していけば、もっと良い順位へ行けることは分かっています。自分が得点して勝点3を取れたことは、すごく大きいことだと思います。

--ルヴァンカップの勝利から、良い流れがあるが。
チームの中で競争や切磋琢磨が起きていて、今日は(北島)祐二がスタメンでしたが、ルヴァンで良くて今日も良いプレーをしていた。みんな負けじと取り組むだろうし、チーム力も上がっていくと思います。これからもいいライバル関係、良いチームメートでいたいです。

--雨の中でのプレーだったが。
思った以上にピッチに水がたまっていなくて、すごく良いピッチで試合ができました。監督からは「ピッチ状況を確認して、スパイクのポイントに注意して試合に入れ」と言われていました。滑るのは良くないし、それで得点や失点が生まれる。そこは確認して入りました。

【公式】京都vs福岡の試合結果・データ(明治安田生命J1リーグ:2022年4月29日):Jリーグ.jp (jleague.jp)

コメントにもあるようにこれからFW陣の爆発に期待ですね!!

ピッチは雨でぬれてよい感じだったんですね。僕の素人感丸出し。。。。笑




リーグ戦では久々の勝利ですが、ルヴァン杯からのよい流れが来ているようにも感じます。
この調子で5月に入っていきたいものですね。


次はFC東京に勝って連勝じゃいぃぃぃぃ!!!!!



ではまた!

コメント